ベットティルトカジノのポーカー解説。ルール・勝ち方・攻略

ポーカー

カジノで行うカードゲームとしてブラックジャックと並ぶほど有名な物がポーカーです。
様々な派生ルールがあったり非常に人気があるゲームなのですがベットティルトではあまり力を入れて無いようでサービスは提供されていますがビデオポーカー主になっています。
ここではベルテットカジノが提供するポーカーゲームを中心に、ポーカーの遊び方などについて解説していきます。

ポーカーの基本的なルール

ポーカーは非常に人気があるカードゲームなので派生ルールなどがたくさんあります。
そのため一概には説明できないのですが、基本的には一組のトランプを使い5枚の手札で役を揃えるゲームです。
対人戦であれば相手より強い役を作れば勝利ですし、ビデオポーカーの場合は役を揃えると決められた倍率で払い戻しが行われるという仕組みになっています。

ポーカーの役について

ポーカーの役は有名なものも多いので今更解説する必要もないかもしれませんが、本格的なポーカーを初めてやるというかたも多いでしょうから簡単に説明していきます。

基本的なカードの強さ

役の説明をする前に基本的なカードの強さは
A(1)→K→Q→J→(中略)→2
という順番になっています。
もし同じ役だった場合この強さで勝敗を決めることになります。
またスーツ(絵柄、クラブやハートなど)は勝敗には関わりません。

ビデオポーカーの場合このほかにワイルドカードが設定されていることがあります。
これは自分に取って一番都合がいいカードとして扱えるものです。

ポーカーの役一覧

ここでは弱い役から説明していきます。対人戦の場合、相手よりも強い役を揃えれば勝ちとなりますし、ビデオポーカーであれば強い役を揃えたほうが配当が高くなります。

ハイカード(ノーペア、ノーカード)

手札に役がそろっていない状態です。
相手も役がそろっていない場合は一番大きなカード数字で決めます

ワンペア

同じ数字のカードが一つだけそろっている状態です。
相手もワンペアであれば数字が大きいほうが勝利、もし同じ数字であれば残りのカードの順で勝敗が決まります。

ツーペア

同じ数字のカードのペアが二組そろっている状態です。
相手も同じ役であれば「数字が大きいペア→数字が少ないペア→のこりのカード」の順で比較します。

スリオブカインド

同じ数字のカードが三枚そろっており、残りの二枚がそろっていない状態です。
日本ではスリーカードとも呼ばれます。
相手もスリーオブカインドであれば、数の強さで勝敗が決まりもし一緒であれば残りのカードで勝敗が決まります。

ストレート

5枚のカードが連番(数字が連続している状態)の場合ストレートが成立します。ただしすべて同じスーツの場合はストレートフラッシュという上位役になります。
双方がストレートの場合、一番数字が大きいカードを持っているプレイヤーが勝ちとなります

フラッシュ

5枚のカードのスーツが同じ場合成立します。
お互いフラッシュの場合、一番数字が大きいカードを持っているほうが勝ちです。もしそれが同じなら次に高いカードと比べていき、双方の数字が同じであれば引き分けが成立します。

フルハウス

同じ数字のカード三枚と同じ数字のカードのペアがそろった場合成立します。
つまりスリーオブカインドの残りの二枚がペアの状態です。
同じ役だった場合、三枚組の数字の強さを比べて勝敗を決めます。

フォーオブアカインド

同じ数字のカードを4枚そろえた場合に成立します。
同じ役だった場合は数字が大きいほうが勝ちです。

ストレートフラッシュ

同じスーツで数字が並んでいる状態で成立します。
つまりストレートとフラッシュの両方が成立している状態です。
役の強さはストレートと同じ方法で判断します。

特殊役について

以下の二つはゲームによって扱いが異なったり、ワイルドカードが設定されている場合のみ成立する役です。

基本的にワイルドカードが設定されているビデオポーカーで設定されています。

ロイヤルストレートフラッシュ

ストレートフラッシュの中でもAから10までの5枚は最強の役でありロイヤルストレートフラッシュとして別枠扱いされていることがあります。
ただしゲームによってはストレートフラッシュの役の一種として扱われることもあり、扱いが変わります
大体の場合は最上位役として決められていることが多いです

ファイブオブカインド(フォーオブアカインド+ワイルドカード)

ワイルドカードが設定されているビデオポーカーではフォーオブアカインド+ワイルドカードで5ファイブオブカインドという扱いをしていることがあります。
これはゲームによって扱いが異なりますが、ロイヤルストレートフラッシュの一つ下という扱いにされています。

ワイルドカードを使ったロイヤルストレートフラッシュ

ビデオポーカーではワイルドカードを含めたロイヤルストレートフラッシュは通常のロイヤルストレートフラッシュとは別枠として扱われることがあります。
この場合「ストレートフラッシュより上でファイブカードの一つ下」という扱いをされるようです。

ライブポーカーは充実していない

ベットテイルトカジノではブラックジャックやルーレットなどはライブプレイにも力を入れていますが、ライブポーカーには力を入れていません。
というのもポーカーは基本的にカジノと戦うのではなく、プレイヤー同士で戦うためユーザーがそろわないとゲームが成立しないためです。
ですからポーカーで本格的に勝負というよりも、スポーツベットなどの合間に遊ぶ感じで楽しむのがいいでしょう。

テキサスホールデムとは

テキサスホールデム

日本ではあまり馴染みがないルールですがベトティルトカジノではこちらがメインです。
簡単に説明すると、最初に各プレイヤーに手札が二枚配られます。そして共通札として5枚のカードがテーブルに出されるのでその5枚と手札の二枚で役を作り、プレイヤー同士で対戦するポーカーとなっています。
ベットのコツであったり駆け引き、引き際や勝負所など詳しく解説していくと専門書がいくつも書けるほど奥が深いゲームであり、世界的に見るとこちらの方が人気があり世界大会などではこのルールで勝負が行われます。

ベットオンポーカー

ベットティルトのライブゲームで取り扱っているのは変形的なルールのベットオンポーカーが主です。
これはテキサスホールデムと同じく二枚の手札と5枚の共通札で勝敗を争うのですが、自分が勝負するのではなく「どのプレイヤーが勝つか」を予想していきます。
通常のテキサスホールデムと同じように場に6人分のカードを公開した後、「どのプレイヤーが勝利するか」「どの役で勝つか」を予想してかけていきます。
この予想が的中した払い戻しを受けることができるわけです。

カードを引くたびに勝率は変動していくのでそれに合わせてオッズも変わっていきます。
当然賭けないという選択肢もあるので、誰にかけるかだけではなくいつ賭けるかもポイントになっていきます。

スロット大差ない?ビデオポーカー

ライブポーカーと比べてビデオポーカーの取り扱いは多く、いくつもの種類を取り扱っています。
ビデオポーカーにもカードを揃えて相手と争う物がありますが、そろった手札によって配当が決まるというスロットと同じような方式を取ります。

ビデオポーカーの遊び方

ビデオポーカーで遊ぶ場合、まず最初にベット額を決めます。
決めた後にカードをディールすると五枚のカードが配られるので、手札に残すカード(ホールド)を選択します。
そしてもう一回ディールを行うと残りのカードが交換されます。
その時点で指定の役がそろっていると払い戻いを受けることが可能になります。
またゲームによっては勝利した場合、その払い戻しを二倍にできるミニゲームに参加するできるものもあります。
これに勝利すると配当は二倍になりますが、負けると没収となります。

スリーカードポーカーも取り扱っている。

ここでは詳しく説明しませんが、ポーカーをモチーフにしたゲームとして人気があるスリーカードポーカーも遊ぶことができます。
これはポーカーと違いカジノ側と勝負する物であり役の決まり方や遊び方が大きく異なっています。
これも人気があるゲームであり、お試しプレイもできるので挑戦してみたい方はまずお試しプレイからやってみることをおすすめします。

まとめ

ベットティルトカジノでもポーカーを遊ぶことができますが、ライブポーカーにはあまり力を入れておらずビデオポーカーやスリーカードポーカー、ベットオンポーカーなど変則的ながら時間を選ばず遊べるポーカーの取り扱いが多いです。
こういったポーカーは通常のポーカーとはまた違った戦略を取る必要がありますが、対人戦となるポーカーよりも気軽に遊べますし、お試しプレイもあるのでほかのゲームをやる間の息抜きなどで挑戦してみてもいいでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました